梨の花

吃驚した。ブログを操作しているうちに、昨日のブログを削除してしまったのである。ワードのように元に戻すというキーはない。仕方がないので思い出しながら消えたブログを修復しようとしたが、ふと思いついて携帯の自分のブログを開いてみた。

消した筈のブログが読めるのである。それを見ながら、急いで消えた部分を元に戻した。ということは、不味いことを書いたと思って消したものが、ほかでは残っているということだ。さらに認識したのは、私に見えるブログは修復したブログの中身だが、未だに携帯のブログは消す前に書いた私の文章なのである。

治りそうで、なかなか治り難い風邪である。取り憑かれたのは4、5日前。まだ走りだから薬を飲んで寝ていれば直るだろうと思ったが、こんなときに限って風邪薬がない。やっと見つけ出したのは、鼻炎の薬。それでも、鼻だけでも楽なほうがいいと思い服用していた。ついでに以前処方してもらった抗生物質が残っていたのもを、夜だけ飲むことにした。

しかし、一向に良くならなくて、今日は意を決してというより、病院へ行くタイミングが出来たというほうが当っている。あと30分もすると5時になって受け付けてもらえなくなる。渡された病院の体温計では6度8分。やっぱり受診して良かった。鼻炎の薬も喉の薬もあるし、抗生物質もビタミンCも渡された。

090324_16490002.JPG      090321_12180002.JPG

帰り道は花盛り。桜ももう咲きそうで、木五倍子(きぶし)の花が塀から覗いていた。目立たない花だが春の山道でよく出会う花である。桃の花・雪柳・まんさく・土佐水木・木瓜の花。畑の方へ行けばきっと梨の花も咲いているだろう。

   青天や白き五瓣の梨の花    原 石鼎   昭和11年

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.476 sec. Powered by WordPress ME