句集3冊

夏石番矢句集『空飛ぶ法王』   --連作161俳句ーー

 この1集は、「空飛ぶ法王」がテーマ。あるいは季語と置き換えてもいいのだろう。ほんとうのところ、そう断定することで、この一書の中へ入ってゆけるのである。とにかく、すべての句が「飛ぶ法王」なのだ。そうして英訳をジム・ケイシャン。

   空飛ぶ法王百人寄ればただの闇
   魚は氷に映る空飛ぶ法王
   街は段差と老人ばかり空飛ぶ法王
   こわれた橋をいくつも過ぎる空飛ぶ法王
   たまには銀河で泳いでいるよ空飛ぶ法王
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

現代俳句文庫『澤好摩句集』  ふらんす堂刊

    鳥渡る棒高跳びの捧残り
   ものかげの永き授乳や日本海
   春惜しむ兎の耳の冷たさに

         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
現代俳句文庫『九鬼あきゑ句集』  ふらんす堂

    くらやみに木は木と立てり盆踊り
    十月の頭小さく水馬
    新しき俎があり春の寺

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.379 sec. Powered by WordPress ME