元旦

あけましておめでとうございます。

今年も恒例の初詣は、地元の氷川神社です。
夜空の星が何時もの何倍もの数が揃うのも、なぜか大晦日。その星空を眺めながらお参りをすませ、それからまた星空に気をとられながら、家路を辿りました。

本年もよろしくご支援くださいませ。

   大いなる初日据りぬのぼるなり    原石鼎   昭和18年

2009年元旦                岩淵喜代子

コメント / トラックバック3件

  1. しんぱち より:

    あけましておめでとうございます。
    私も近所の氷川様でした。つかめそうな星空でしたねえ。

    本年も宜しくご指導ください。
    本年のますますのご健勝とご健吟をお祈りします。

  2. しんぱちさん 今年は「大食漢」で名句を残したいです。♪
    よろしくお付き合いくださいませ。(~_~)

  3. 猫髭 より:

    あけましておめでとうございます。

      大いなる初日据りぬのぼるなり 原石鼎 昭和18年

    は、『原石鼎全句集』(沖積舎、平成2年)では昭和18年となっていますが、『定本 石鼎句集』(求龍堂、昭和43年)では大正11年となっています。

      大いなる月よごれ居る除夜の鐘 原石鼎 大正10年

    に続けて詠まれたということでしょうか。

    里帰りしているので小島信夫の評伝が手元に無いため、出典が不明ですが、考証的に石鼎句は不明な点が多いですね。

    それはさておき、

      竈火のどろどろ燃えて初御空 原石鼎 大正8年
     (求龍堂版は「どろどろ」は繰り返し符号。この辺の表記も不統一)

    が石鼎の新年詠としては印象に残っています。新年の「厳かに詠む」という様式美を打ち破っているから。

    今年が岩淵さんにとって良き年でありますように。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.277 sec. Powered by WordPress ME