受贈誌

恩田侑布子著・句集『空塵秘抄』昭和39年生  
                   栞・三木卓・池内紀・末木文美士・角川書店2008年9月刊

   誰も隠しもつ冬麗のふくらはぎ
   かがやくは君か冬木か待ちゐたり
   国境はすみれさがして風ばかり
   一湾の夕日ぼうたん運びゆく
   白猫のはらりと枝垂櫻かな

 虚実のバランスのあやふさが魅力を発揮している。

~~~~~~~~~~~~~~~★~~~~~~~~~~~~~~~

仙田洋子著・句集『子の翼』 栞・筑紫磐井  ふらんす堂 2008年8月刊

この一集は子を生んでからの6年間の作品集である。

  さらはれて冬の銀河に佇ちつくす
  子を抱けば誰も聖母や流れ星
  みどりごをくすぐるによきすすきかな
  子にもえらふ虹の回遊切符かな

真正面からの吾子俳句ではなく、遊び心の余裕を見せる楽しい吾子俳句になっている。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.135 sec. Powered by WordPress ME