句集2冊

保坂リエ句集『七十路の果て』  東京四季出版  序文村上護 2008/7/1刊

  消えてゆく噂のやうに桜散る
  兜折る七十路の果てのもの思ひ
  西瓜買ふ一寸叩いてみたくなる
  もしかして今が極楽シャワー全開
  まつり見にゆく敢へて人は誘はず

悟りというべきか、解脱というべきか、こんなに軽やかになれたらいいなー、と思いながら読み進んだ。少なくとも、志しているように見受けられた。一

小林貴子句集『紅娘てんとむし』  本阿弥書店 帯 宮坂静生   2008/5/19

  熱帯魚どかして棺据ゑにけり
  剪定枝たがひちがひにまとめたる
  雨音のはじめは葉音藍浴衣
  己が革もてあます犀養花天
  日時計は捧一本や七竈
  梅の香にひたりて人の歩み出す
  この世から三尺浮ける牡丹かな
  台風裡マッチは箱に頭を並べ

どの句も取り合わせの冴えが、一句の輪郭を際だたせている。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.765 sec. Powered by WordPress ME