『琅玕』7月号  主宰・手塚美佐

現代俳句月評           評者  水越菖石 

    雲雀には穴のやうなる潦     「俳壇」5月号「草笛」7句より
  
初夏の青空を映す潦。この何気ない風景が俳人の目には単なる水溜りには映らない。作者は揚雲雀となって高い空から遥か下界を見下ろしているのである。その目には、潦が地面に穿たれた、限りなく深い「穴」に見えるのである。雲雀の立場になって高所から地上を見下ろすというこの発想の転換は如何にもベテラン俳人らしい。時にはこういう大胆な発想で句を詠んでみたいものである。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.300 sec. Powered by WordPress ME