『春野』7月号・主宰黛執 

  「俳壇」5月号「草笛」7句から   評者 木野ナオミ

たはむれに吹く草笛の火の音色     

〈たはむれに〉は、ちょっと試しにくらいの気持ちだろう。ところがなかなか音がでてこず、額に青筋をたて、顔を真っ赤にして頑張った結果ピーッと音がでた、まさに〈火の音色〉だったと思います。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.227 sec. Powered by WordPress ME