俳句研究夏号

春の作品集(前号)を詠む   石蔦岳

   幻を形にすれば白魚に 

幻をいかに表現するかというと、こういう風になるという作者の見方の提示なのだ。無色透明な白魚はまさに幻。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.240 sec. Powered by WordPress ME