須原和男句集『国原』    2010年4月刊

  金閣の金もろともに水ぬるむ

 水に映る金閣の 金、それがときどき風にゆらいだりしながら、あくまでも金色を失わない池の水。金もろともには、言いえて、格調のある句である。『貂』同人。

   菜を洗へ布をさらせと春の滝
   金閣の金もろともに水ぬるむ
   国原に水あまりをり残る鴨
   そこまでは杖のとどかぬ浮紅葉
   八月の蟻に遅れてあゆみけり
   いろいろの帯が行くなり里祭
   みしみしと二階から来て成人す

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.360 sec. Powered by WordPress ME