『樹氷』5月  主宰・小原啄葉

現代俳句月評      筆者 白濱一羊

       急行の速度になればみな枯野    岩淵喜代子
                                       (俳句二月号)

作者は列車からわりと近いところを見ているのだろう。列車の速度があがるにつれ、車窓から見える風景が流れ出す。そして、全てが枯野に見えるようになったという。感覚的な捉え方に共鳴した。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.236 sec. Powered by WordPress ME