『田 DEN』 4月号 主宰・水田光雄

俳句月評「明るさと余韻」      評者 栗山政子

急行の速度になればみな枯野   岩淵喜代子
                                (『俳句』二月号「枯野」より)

車窓から見る景色を自分に引きっけて詠むのは至難の技。窓から見えたと、言われても、それは報告の域を出ていないであろうし、なによりも風景の中に自分か立っていないものになっえしまう。
その点、掲出句には、枯野の広さ、枯一色が見えてくる。急行に変わる速度に実感がある。しっかりと窓の外を眺めている存在感がある。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.372 sec. Powered by WordPress ME