ににんの仲間の句集

udasousi.jpg      宇陀草子 『吉野口』  文学の森刊

「ににん」32号は現在印刷所 に入っている。この号では、宇陀草子氏の『吉野口』特集がある。彼は昭和35年に「南風」の山口草堂が最初の師であるから、かなりな句歴である。そのあと「秋」の石原八束・「鹿火屋」の原裕には亡くなるまで師事していた。吉野に在住の作家である。

   小走りに人ゆくおぼろ宇陀郡
   稲架解いて亀石に日の当りけり
   猪撃ちの腰にはねたる守り札

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

tumeta.jpg      長嶺千晶 『つめた貝』  ふらんす堂刊

もう来年の話題をするのは笑われそうであるが、次の「ににん」33号は長嶺千晶さんの第三句集『つめた貝』の特集になる。しなやかな、さわやかな作品が並ぶ。1959年生まれ。

    日向ぼこして遠き日の吾に逢ふ
       浮び合ふことの楽しき冷し瓜
    チェーホフの享年を生き冬木の芽

   

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.322 sec. Powered by WordPress ME