正津勉詩集『嬉遊曲』  アーツアンドクラフツ刊

syouzu.jpg 

 帯文    山の草木、鳥獣虫魚と戯れる

        草木を分け、岩土を這い登る
        視線は小さきもの、はたまた
              見晴かす稜線や雲の流れへーー
        山で出会った全てを慈しむ待望の詩集

『遊山』に続く六年目の詩集は、やはり山野の鳥や虫やらに焦点をあてた作品、というよりも、その鳥やら虫に語りかけている作品がならぶ。初期の鮮烈さとはちがう、正津勉の呼吸というよりも、吐息のようなものが、流れている。

あとがきで、著者自身が、~~ ー第一詩集「惨事」(1972年)の後書きに書いた「自嘲、ただそれだけがのこるものとしてのこったようだ」~~  とある。この含羞が、詩になっているような気がする。

いずれ、正津ゼミの仲間との作品論の場が展開されるるだろうから、そのときに、また書き加えようと思う。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.345 sec. Powered by WordPress ME