「ににん」吟行 府中競馬場

080517_13210001.JPG 

競馬場のイメージって、昔の映画で見ただけで、殺伐と埃っぽいような場所、と思っていたら、どこの門も駅まで、屋根付きの道があって、建物の中はヨーロッパ調のホテルみたい。

その中でお茶をしていれば、窓からの風景は濃い針葉樹が聳えて、ときどき煩いハンファーレの音がなければ、やはりホテルかと錯覚する。詳しいことは、「ににん」の仲間がブログに書き込むだろう。

080517_13580002.JPG

競馬を見に来て馬券を買わないなんて、ということで買いにゆく。と言ってもどうやって買うかもわからない。インホメーションでレースのプログラムを貰って、今度始まる7レースの頁を開いたら、仲間がこの人知っている、と指さしたのが内田博幸。

馬の名前もナショナルホリデーといちばん言い易い。それじゃー単勝狙いで55に決める。印をつけてから、気がついたら、下のほうに武豊の名前もあったが、もう印をつけてしまったので迷わない。それから、連勝・復勝・枠組・3連複なんていろいろあることも、丁寧に教えてくれる係りの人がいることも知った。

外には遊園地やら日本庭園やら乗馬を体験する場所があって、薔薇が咲き乱れていた。

映像でしか見たことのない馬場へ出ると、真中に大きなモニターがあって、馬はその後ろを廻ってこちら側に走ってくる。あまりに広くて、というのは馬場の外側も目に入ってしまうから、どこに視点を据えていいのか迷っているうちに、馬は過ぎ去ってしまった。

となりで、仲間が「すごいすごい」と叫ぶ。なんだろうと思ったら、私の買った5番が一着だったのである。それで、300円が倍になって戻ってきた。終わり。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.300 sec. Powered by WordPress ME