今朝の一句 村上譲

桜咲くところは風の吹くところ    句集 「嘘のやう影のやう] より

月に叢雲、花に風。好事にはとかくさしさわりが多いたとえだが、実際にも花見の
ときはよく強風が吹く。すぐに思い出すのは、井伏鱒二の漢詩訳詩

    はなにあらしの

    たとへもあるぞ

    さよならだけが

   人生だ

の一節。坂口安吾は小説『桜の森の満開の下』において、満開の桜の森は風もないの
にごうごうと風が吹いている、と書き出している。卓抜な逆説だが、掲出句もこれに通じる。

四月四日  「愛媛新聞」「信濃毎日新聞」 

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.338 sec. Powered by WordPress ME