句集

和知喜八遺句集『五階の満月』

  冬北斗みずからこぼるる車椅子
  茄子の馬乗るかと路地に遅れ居り
  妻が病み木槿あちこち向きて白
  目覚めいて師の梟の鳴くを待つ
  赤芽柏に立ち師が見えており

「饗焔」俳句会で発行した前主宰の遺句集。「寒雷」ことに加藤楸邨の影を強く感じる作家。掲出の師は勿論楸邨である。
   ————————————-
磯貝碧蹄館第十句集『未哭微笑』

  噴水を咥えて青い馬が佇つ
  水無月の水飲む虎に塔の見ゆ
  冬眠の乳房へ低き時計音
  金色の釈迦の御手にも雛あられ
  天へ向く千枚通し鳥渡る
  百本の筆の周りに狐火立つ
  六月の空へ平均臺藏ふ

俳句を写実と唱えるだけでは、こうした句は生れない。熱量の高い言葉を積み重ねて、魅力的。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.388 sec. Powered by WordPress ME