あちこちから

船団ホームページ  「今日の一句 」 2008年3月16日

木の芽風埴輪の肌に刷毛の跡    (季語/木の芽風)      岩淵喜代子

 木の芽は冬でも夏でもあるが、名も知らない木の芽はやはり春。風をうけてその微かな香りを運んでいる。風がいにしえの埴輪にふと触れると、まるで、その木の芽風がつけたかのような、微かな刷毛の跡。その目の付け所が素敵。埴輪の手とか口の穴、とかではなくなぜ付いているのか、目的のない飾りの刷毛の跡。それゆえにその刷毛の跡から古代の人の手のぬくもりに、ずーんと想像は飛躍した瞬間、現代の木の芽風と古代人が邂逅する。
 今日の句は『嘘のやう影のやう』(平成20年2月 東京四季出版)から引いた。「みな模倣模倣と田螺鳴きにけり」「ゆく春のふと新宿の曇空」「桜咲くところは風の吹くところ」など静かで涼しげな哀しみを感じさせる句が多い。齋藤慎爾が孔子の言葉「陸沈」を引用して喜代子を賞する栞に心揺さぶられる。(塩見恵介

                ~★~★~★~★~★~★~★~★~

毎日新聞 2008年3月2日

◆私の3冊

 ◇短歌
寺山修司未発表歌集『月蝕書簡』(岩波書店)
 『木俣修研究』創刊号(木俣修研究会)
 中西進著『美しい日本語の風景』(淡交社)

 戦後の青春短歌の旗手寺山の未発表短歌をマネジャーだった音楽家田中未知さんがまとめた。寺山の40代の短歌に注目。『木俣修研究』は22ページの小冊子ながら、人間性あふれた歌人を再評価。古典研究の中西氏が「かぎろひ」など古来の美しい言葉の風景を描く。井上博道氏の写真も。

 ◇俳句
『俳句研究』春の号(角川SSコミュニケーションズ)
岩淵喜代子句集『嘘のやう影のやう』(東京四季出版)
 小川涛美子句集『来し方』(角川書店)

 昨年9月号で休刊の『俳句研究』が季刊で再刊。ただし書店に置かない直販方式。大石悦子氏の力作評論も継続された。俳句を読む読者の増大を図る。岩淵句集は冷静に鎮められた目。中村汀女創刊『風花』主宰の小川句集は、緩やかな季節のめぐりの味わい。

 ◇詩
朝倉勇詩集『散骨の場所』(書肆山田)
高橋順子著『花の巡礼』(小学館)
楊牧著『奇莱(きらい)前書』(思潮社)

 叙情の名手朝倉氏の加齢の味わいと等身大の言葉のよろしさ。栞(しおり)は清水哲男氏。『雨の名前』『風の名前』などの著書のある高橋氏が、北原白秋、荻原朔太郎らの花の詩を紹介しエッセーを添えた。台湾詩人の楊牧氏が、少年時代を思い起こして記した回想。複雑な歴史を抱え込む母国でいかに悲しみと詩が生まれたか。切実な一巻。上田哲二訳。

コメント / トラックバック10件

  1. 优德 より:

    耕耘者最信和过自己的汗水,每一滴都孕育着一颗希望的种子。

  2. 虽然你的思维相对于宇宙智慧来说只不过是汪洋中的一滴水,但这滴水却凝聚着海洋的全部财富;是质量上的一而非数量上的一;你的思维拥有一切宇宙智慧。

  3. www.3651946.com より:

    你不能左右天气,但可以改变心情。你不能改变容貌,但可以掌握自己。你不能预见明天,但可以珍惜今天!

  4. 逆境是成长必经的过程,能勇于接受逆境的人,生命就会日渐的茁壮。

  5. 环境永远不会十全十美,消极的人受环境控制,积极的人却控制环境。

  6. www.yzc366.com より:

    人若软弱就是自己最大的敌人;人若勇敢就是自己最好的朋友。

  7. 忙于采集的蜜蜂,无暇在人前高谈阔论。

  8. www.t68.ph より:

    不要因为怕被玫瑰的刺伤到你,就不敢去摘玫瑰。

  9. www.tb988.com より:

    在实现理想的路途中,必须排除一切干扰,特别是要看清那些美丽的诱惑。

  10. 这个世界并不是掌握在那些嘲笑者的手中,而恰恰掌握在能够经受得住嘲笑与批评不断往前走的人手中。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.229 sec. Powered by WordPress ME