素粒子

小田急腺の新宿駅についたとたんい携帯電話が鳴った。
今別れてきたばかりの友人からだ。
今家に着いたばかりなんんだけど、朝日新聞の夕刊に私の俳句が載っているって言うのだ。
彼女は「ソリュウシよ」と繰り返した。
ソリュウシっていうのは「素粒子」と書く。小さな小さなコラムだ。夕刊の朝日新聞という文字の下にある。記念のために全文記録しておこう。
これって無断転載なんていう文句がくるのだったかしら。マー そしたら消せばいいかな。

   ★★★★★★朝日新聞10日夕刊 コラム★★★★★★
       
素粒子
朝鮮半島「またか」の2題。
その1 北朝鮮の核施設封印、6者合意の期限内は無理らしい。
その2 韓国のオオカミクローン論文でデーター捏造疑惑発生。
          *           *
日本列島「またか」の2題。
その1 厚労省が20年来検討の「人の終末」の定義、先送り。
その2 選挙中の「反省」などどこえやら、石原都知事高姿勢。
       *           *
春告魚到来。(生きること死ぬことそれより鰊群来)岩淵喜代子
   ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

家に着くと朝日新聞論説委員河谷史夫氏のフアックスが入っていた。
もちろん、素粒子の筆者である。
鰊があらためて、ほかのどの魚よりも、春告魚だったことを認識した。鰊御殿などという言葉が地元にはあるくらいなので、その押し寄せ方の勢いは、どの魚よりも豪勢なのではないかと、想像している。
この句は、そんな情報から想像して出来た作品なのである。

      生きること死ぬことそれより鰊群来 

 

コメント / トラックバック1件

  1. 詮子 より:

    TITLE:
    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    昨年鰊御殿へ行ってまいりました。
    鰊の群れは沖から浜を埋め尽くすほどの勢いだったとか・・。
    今はひっそりと牡丹の花、青葉が照り輝いていました。
    鰊の群れがやってくる、そんな勢いを身体のなかに感じたいと思いました。

詮子 にコメントする

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.249 sec. Powered by WordPress ME