八重桜

172

ルリが死んだころ、まだ八重桜が咲いていたのだ。

それは荼毘にするために、かかりつけの医者に連れていったときに、柩の中に八重桜を入れてくれたからである。その経緯は、季節のエッセイ八重桜と光文社刊「わたし猫語がわかるのよ」に書いたので省こう。

荼毘に付したルリの骨は、マグカップくらいの小さな陶器の骨壷になって戻ってきた。
埋葬の場所もすぐ見つかった。越生である。一年間はそのまま、祀ってくれて、そのあと共同墓地に収めてくれるのである。

お骨を預けた年の秋に、家族で骨壷のなかに納まってしまったルリをお参りした。梅の里にも近い畑の中に、その霊園はあった。

新築しなければルリはまだ長生きしていたかもしれない。
ルリの匂いのついていない新しい家が、かえってルリの辛い想い出になってしまった。

だが我が家の三人は、内田百?のように「ルリやルリや」泣き喚くこともなく、狂うこともなく、日を過ごした。そして、猫も犬も飼うこともないまま、もう十数年が流れていた。

千一夜猫物語 完



コメント / トラックバック2件

  1. naoko より:

    TITLE:
    SECRET: 0
    PASS: f2b559ba1e5d9c433cffe5d2b509f5ed
    とうとうルリちゃん亡くなったのですね。
    動物は人より命が短いので早く死ぬのはわかっていても、悲しいですよね。八重桜読みました。名文ですね。

    我が家の犬が死んだときは自分でダンボールの棺をこしらえました。
    花は入れなかったけれど、近くの犬友から花束が届いて飾りました。
    中野孝次著『ハラスがいた日々』を愛読していたころでした。

    デザインが変わりましたね。夏らしいです。

  2. きよこ より:

    TITLE:
    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    1000回にほど遠い回数で終わらせてしまいました。ブログのデザインはなかなか、思うものがありませんね。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.277 sec. Powered by WordPress ME