今までの兼題

第1回第2回第3回第4回
第5回地球第6回第7回第8回
第9回第10回第11回第12回
第13回第14回第15回兄弟第16回
第17回第18回第19回第20回
第21回第22回第23回第24回
第25回第26回第27回第28回
第29回第30回第31回第32回
第33回第34回第35回第36回
第37回第38回第39回第40回
第41回広場第42回鉛筆第43回映画第44回路地、露地
第45回近江、淡海第46回時計第47回正座第48回手足
第49回引力第50回受信第51回凡人第52回書架・書棚
本棚・書庫
第53回進化第54回硝子第55回暗闇第56回猛犬
第57回坩堝第58回位置第59回青森第60回模様
第61回王様第62回 第63回 第64回 
俳句投稿の受付は、終了いたしました。


藻が咲いて水に模様が生まれけり島 雅子
夏館唐草模様の鉄扉押す島 雅子
空模様急に怪しくなる墓前島 雅子
曼荼羅模様のビーチマットや天の川島 雅子
秋風の汀に透ける模様かな島 雅子
大夕焼赤き棚田の縞模様島崎正彦
壁紙は六花の模様夏の宿島崎正彦
大鷹はこころ模様を訊きもせず島崎正彦
波模様描く蛍の闇を行く島崎正彦
梨をもぐ農夫凝視す空模様島崎正彦
梅雨明けの待つてましたの空模様志村万香
羊草よく似た雲の模様かな志村万香
昼顔も人生模様描き出し志村万香
羊草模様を描き昼寝かな志村万香
反り返る蓮の模様や縁遠し志村万香
七月の縞模様なす柵の影末永朱胤
蜩の聞こえつつする模様替へ末永朱胤
絨毯に唐草模様踏む秋暑末永朱胤
新涼や模様の唐子変はらざる末永朱胤
顔といふ模様を置きて秋鏡末永朱胤
花茣蓙の模様しばらく脛にあり鈴木まさゑ
あめんぼう水に模様の生まれけり 鈴木まさゑ
蜘蛛の囲の格子模様の中に翅鈴木まさゑ
提灯に揚羽の模様旱星鈴木まさゑ
星飛んで猫の額のM模様鈴木まさゑ
プリズムの色模様織る秋の街高橋寛治
てんと虫水玉模様陽光へ高橋寛治
縞模様残像クリア蜥蜴消え高橋寛治
江戸切子影の模様に涼託し高橋寛治
風に織る透かし模様や盆の唄高橋寛治
拍を打つ海月に波の模様かな武井伸子
億年を八目鰻のこの模様武井伸子
蝙蝠のじぐざぐに飛ぶ空模様武井伸子
真清水や丸き模様の水の影武井伸子
月皓々雲の模様を奔らせて武井伸子
てぬぐひの花柄模様半夏生田中美佐子
靴底の波型模様狐雨田中美佐子
億年の星の模様の涼しけれ田中美佐子
模様替へ済みし机や貝風鈴田中美佐子
汁椀の木目模様や茗荷の子田中美佐子
雨模様富士の裾野の兜虫谷原恵理子
夏芝居見せ場の背の縞模様谷原恵理子
手花火や手縫ひの服の花模様谷原恵理子
暮れ色の居間羅の模様透け谷原恵理子
新調の力士の浴衣アロハ模様谷原恵理子
万華鏡の模様にねむる良夜かな近本セツ子
異界とも秋の灯火模様めく近本セツ子
秋草の模様置きつつ時過ぐる近本セツ子
昼の虫雲はせつせと模様描き近本セツ子
秋の田の風の模様に男の子近本セツ子
海風に幾何学模様の植田揺れ千葉 隆
落ちさうな梅雨明け前の空模様千葉 隆
猛暑日や見上げる空はすぢ模様千葉 隆
模様なす会津盆地の秋ふかし千葉 隆
月映るモザイク模様の水面かな千葉 隆
在りし日の模様浮き出る花燈籠辻村麻乃
外壁に巣の模様ある今朝の秋辻村麻乃
新絹と麻の葉模様の手拭ひと辻村麻乃
秋澄むや七宝模様の和封筒辻村麻乃
千秋楽有職文の足りぬ袖辻村麻乃
昭和初期の半襟刺繍は桔梗模様同前悠久子
母のもの緋塗函にも菊模様同前悠久子
秋草の模様手に載す油壺同前悠久子
珈琲茶碗モリスの模様に桃の実も同前悠久子
秋桜はデジタル撮影初模様同前悠久子
青海波の襖模様に初日影豊田静世
花筏くづれ友禅模様かな豊田静世
八十路の吾の人生模様濃紫陽花豊田静世
空模様稲光して一変す豊田静世
十二月八日朝から海は荒れ模様 豊田静世
模様替へ西日射しこむ四畳半中﨑啓祐
縁台に同じ模様のアロハシャツ中﨑啓祐
花模様纏ふうなじに滲む汗中﨑啓祐
瓜包む唐草模様の風呂敷に中﨑啓祐
雨模様手で確かめる星祭中﨑啓祐
梅雨明けや先づは書斎の模様替へ中島外男
夏蝶のまだら模様や石仏中島外男
天井の柾目模様や夏座敷中島外男
ネクタイの水玉模様秋来る中島外男
本堂の曼荼羅模様秋夕焼け中島外男
蛇ゆけり己の模様かき消して服部さやか 
ハンカチの膝に広がる花模様服部さやか 
看板に模様描き足す海の家服部さやか 
夏果てや切手の赤き花模様服部さやか 
色鳥や透かし模様の大聖堂服部さやか 
うすうすと木の葉模様の障子かな牧野洋子
日傘さす日傘の模様肩にあり牧野洋子
万華鏡の模様くるくる祭り後牧野洋子
梟鳴く月の模様の有耶無耶に牧野洋子
近寄れば幹に模様や沙羅の花牧野洋子
星飛んで土器のかけらの縄模様浜岡紀子
人生模様釣瓶落しの街角の浜岡紀子
盆の月こころ模様を映し出す浜岡紀子
玫瑰や砂におきたる風模様浜岡紀子
天と地の織りなす模様龍淵に浜岡紀子
夏場所や雲の模様の墨田川浜田はるみ
駆け抜ける風の模様の青田かな浜田はるみ
岩に砂に模様を変へて蛸がをる浜田はるみ
警備兵の迷彩模様いわし雲浜田はるみ
おくり火や五山の闇の人模様浜田はるみ
寝そびれて金魚の模様眺めけり宮本 郁江
籐椅子の網目模様や猫眠る宮本 郁江
夏帯の市松模様解きけり宮本 郁江
鏡台の木目模様や今朝の秋 宮本 郁江
木陰から斑模様の秋の蝶宮本 郁江
盆灯籠模様ゆつくり回りだす村瀬八千代 
見つけてとぎざぎざ模様西瓜畑村瀬八千代 
新涼や魚の腹の縞模様村瀬八千代 
深秋の服の模様やウィンドー村瀬八千代 
天井の模様に龍や虫時雨村瀬八千代 
鳥渡る日本の空に幾何模様山下添子
レース模様なる甘藍の無農薬山下添子
陶枕にほむらの描く波模様山下添子
水見舞柱の傷の縞模様山下添子
夏休み雪華図模様展示室山下添子
姿見の鱗模様や月朧和智安江
鹿の子の斑模様に日の匂ひ和智安江
金継ぎも模様となりて利休の忌和智安江
木星の赤き模様や瓜冷す和智安江
かんじきや吹雪模様の空重し和智安江
銘刀に神秘の模様卯波立つ浅見百
夕凪の心模様の乱反射浅見百
江戸小紋数へきれない菊模様浅見百
月冴ゆる砂の模様を越えてゆく浅見百
秋遍路模様眺めの雨やどり浅見百
浜木綿や砂の模様は風に沿ひあべあつこ
白壁に模様となりぬ大守宮あべあつこ
青紫蘇の虫喰模様すさまじきあべあつこ
この列車遅れる模様向日葵立つあべあつこ
帚木や帰去来の辞の心模様あべあつこ
初秋や妻の見上げる空模様新木孝介
新涼の床に木目の模様あり新木孝介
それぞれの人生模様椋鳥騒ぐ新木孝介
弔ひて黒き模様の秋日傘新木孝介
墓洗ひまだら模様に墓乾く新木孝介
心太色恋模様の映画みて五十嵐孝子
地模様の白シャツ似合ふ彼が好き五十嵐孝子
帯解いて模様重なる良夜かな五十嵐孝子
秋の虹空にひとはけ模様なす五十嵐孝子
冬銀河模様重なる万華鏡五十嵐孝子
三姉妹鹿の子模様の浴衣着る石井圭子
香水をシューと気になる空模様石井圭子
パラソルの薔薇の模様や待ち惚け石井圭子
行き違ふリーフ模様のアロハシャツ石井圭子
指で書く渦巻模様秋の浜石井圭子
紫陽花の揺れはじめたる空模様岩淵喜代子
灯をあてて確かむ蛭の縞模様岩淵喜代子
仏法僧月に模様の生まれけり岩淵喜代子
天地の模様となりて踊りけり岩淵喜代子
葦枯れてゆく空模様風模様岩淵喜代子
レースのカーテン吊るし書斎の模様替へ宇陀草子
水着干す沖の白波荒れ模様宇陀草子
風鈴の音色変はりて雨模様宇陀草子
三様の日傘の模様三姉妹宇陀草子
梅雨空に模様ながめの株価かな宇陀草子
恋猫のトラの模様が歪み来る及川希子
夏痩せて縞の模様のワンピース及川希子
七月やガラス食器に模様替へ及川希子
涼風や透かし模様の欄間から及川希子
七夕へ格子模様の帯を締め及川希子
梅雨の憂さ払ふや部屋の模様替大豆生田伴子
夏旅に持つ風呂敷の波模様大豆生田伴子
雨模様売物件に立葵大豆生田伴子
夏逝くやポプラ葉影の揺れ模様大豆生田伴子
ブラウスの水玉模様風は秋大豆生田伴子
遠花火模様となりて消えにけり岡本惠子
星祭チョコの包みの縞模様岡本惠子
君は月の違ふ模様を見しと言ふ岡本惠子
等圧線の模様密なり稲の花岡本惠子
扇面の模様着流す捨案山子岡本惠子
寄木細工の市松模様雁渡る尾崎淳子
模様めく木洩れ日揺るる氷室山尾崎淳子
黍畑の鴉や空は雨模様尾崎淳子
涙してハンカチは水玉模様尾崎淳子
らんちうの背なに西日の模様なす尾崎淳子
土用なり刀剣光る波模様鬼武 孝江
待ち人の水玉模様のワンピース鬼武 孝江
秋日和幾何学模様のワンピース鬼武 孝江
野分来て「心もやう」を口ずさむ鬼武 孝江
敬老日唐草模様の茶碗買ふ鬼武 孝江
夏蝶のもやう伸びたりちぢんだり河邉幸行子
帰省子は一夜に部屋の模様替河邉幸行子
模様なき扇子をたたみ席を辞す河邉幸行子
夏深し布目もやうの湿布薬河邉幸行子
初あらし田圃アートてふ模様河邉幸行子
夏霧のなかに生まるる樹の模様川村研治
鳴り響く螢のつくる模様かな川村研治
霧を生み霧の模様の延暦寺川村研治
模様替へしてぼんやりと盆の月川村研治
唐草模様の八月十五日川村研治
打ち上げし花火の後の煙模様木佐梨乃
意を決す浴衣の模様花模様木佐梨乃
推しに会ふための浴衣は花模様木佐梨乃
スコールが模様を描く憂ひ顔木佐梨乃
夏イベに音の模様のグルーブ感木佐梨乃
片白草水の模様の上に咲く木津直人
読書会夏着に塩の模様ある木津直人
萍の模様に雲の上機嫌木津直人
変りゆく田畑の模様夏の旅木津直人
水引草の名を出すまでの空模様木津直人
三代で小鳥の模様擦れけり栗原良子
秋口となり友の来る模様替へ栗原良子
しづかなる秋の草花雨模様栗原良子
つるべ落とし模様眺めのままに老い栗原良子
模様合はせは色合はせてふ秋の日や栗原良子
カーテンのレース揺らして模様替へ黒田靖子
新学期同じ模様のサブバッグ黒田靖子
念願の菫模様の日傘手に黒田靖子
レース編み薔薇の模様に手こずりて黒田靖子
盆踊水玉模様のワンピース黒田靖子
エゴの花模様の如く散つてをり兄部千達
夏祭り鹿の子絞りの模様着て兄部千達
酒飲みは切子の模様撫でにけり兄部千達
葛の葉は斑模様に翻り兄部千達
万華鏡模様の奥の秋の陽や兄部千達
夏帯は市松模様の蝶結び小塩正子
花茣蓙を敷いて終はりぬ模様替へ小塩正子
海の日や模様の違ふ貝探す小塩正子
裾模様乱して進む阿波踊り小塩正子
秋深しほどいて編んで模様編み小塩正子
一本の桔梗に変はる部屋模様西方来人
テントから模様眺めの天気かな西方来人
新月や池面に浮かぶ星模様西方来人
地模様は黒が優勢盤涼し西方来人
天道虫背の模様のつややかに西方来人
蔵涼し絣模様の見本帖佐々木靖子
巻きスカートの更紗の模様夕涼み佐々木靖子
めくるめく水玉もやう海水着佐々木靖子
草木染のまだら模様や夏期講習佐々木靖子
陶片に秋草模様風の死す佐々木靖子