句集四冊

 松野苑子句集『真水』  2009年   角川書店刊   

童心と冒険の句集として    
    
    
水餅は雲の気持になつてをり
    手袋が欠伸のやうに置かれあり
    蟷螂に巨大鉛筆近づき来
    ブランコを百回漕ぎて我を消す
    お汁粉の餅がまつしろ京泊
    空蝉を一回吹いて捨てにけり         

      ~★~~★~~★~~★~~★~~★~ 

酒井弘司句集『谷風』    2009年    津軽書房
   

   クレソンの根からしたたる春の水
   にんげんに盗人萩と呼ばれおり
   海を空とおもう日もあり秋はじめ
   風呂敷をひろげて包む春の風
   揚羽来てこの世の光撒き散らす

主宰誌『朱夏』のあとがきにはしばしば菜園のお話が登場する。それを思い出すと、酒井氏の姿も浮びあがってきそうである。全体に陽光のあふれた作品集。 

      ~★~~★~~★~~★~~★~~★~ 

岡崎桂子句集『梓弓』 2009年    本阿弥書店刊

力のある作家として

   鵙鳴けり寝墓を石と思ふ時
   影もまた水を越えけり黒揚羽

    ~★~~★~~★~~★~~★~~★~ 

辻惠美子句集『萌葱』   2009年   角川書店刊 

姿勢正しい句集として

    深海に鳴りたるごとし冬風鈴
    寒天干裏返す時顔翳る

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.238 sec. Powered by WordPress ME